きぬたのたぬき

以前記事に書いた「用賀プロムナード」は、用賀駅と砧公園を結ぶ道。 この道の各ポイントには、タヌキの形をした案内板がある。 タヌキ? クマのようにも見えるが、これはタヌキである。 案内板以外にも、それらしき形のモノが。 砧公園の売店では「きぬた焼…

丸子川親水公園と岡本公園のもみじ

丸子川は、世田谷区~大田区を流れる多摩川の支流。 かつて(江戸時代~1945年)の六郷用水の一部が整備されて川になった。 源流は世田谷区の大蔵と岡本の湧水で、はじめは仙川と並行して南へ流れる。 水神橋の辺りで仙川から離れ、東南へ向きを変えて、静嘉…

岡本静嘉堂緑地の異世界へ

静嘉堂緑地は世田谷区の岡本にある。 別名「岡本もみじが丘」。 明治の時代に三菱財閥を興した岩崎家が所有していた土地で、昭和20年頃まで庭園として管理されていたが、その後は人の出入りがなくなり、貴重な自然が残った。 丘の上には、岩崎家が収集した古…

二子玉川 多摩川河川敷の旅

二子玉川にある兵庫島公園と二子玉川公園の間の多摩川左岸の河川敷に、まっすぐな砂利道が伸びている。 砂利の粒は細かいから、ロードバイクなら走れそうだが、この道はほぼ歩道だろう。 晴れた日にここを歩くと、気持ちが良い。 兵庫島公園の方から、多摩川…

生田緑地 枡形山展望台の十二支像と夜景

枡形山は、神奈川県川崎市の生田緑地の中にある。 当ブログのテーマである世田谷のスポットではないが、とても印象に残る場所だったので、書き留めておく。 生田緑地は、川崎市の多摩区から宮前区にかけて広がる、自然豊かな総合公園。 約180万㎡の広大な敷…

兵庫島公園で水神探し

兵庫島公園は、二子玉川駅から歩いてすぐの多摩川河川敷にある公園。 多摩川に支流の野川が合流するポイントで、二つの川に挟まれた場所に「兵庫島」と「兵庫池」がある。 公園は橋にも挟まれている。 下流側に二子橋、上流側に新二子橋。 二子橋に並行する…

鎌田耕地前緑道と地下世界

二子玉川の西北にある鎌田の町に、花に縁取られた緑道がある。 「鎌田耕地前緑道」。 鎌田3丁目の介護施設のある辺りから、静嘉堂緑地の南側にある岡本公園の前まで、約200m続く緑道だ。 道の両側には、さまざまな花が植えられている。 「緑道の管理について…

仙川沿いを歩いて鯉について考える

仙川は、三鷹市に源を発し、調布市、世田谷区を流れて、世田谷区の鎌田で野川に合流する約20kmの川。 野川の支流だから、多摩川の支流でもある。 川の中〜下流域の、成城の街の東に沿う辺りは、桜並木の下に歩道が続く、雰囲気の良い川沿いの道となっている…

宇山稲荷神社のかわいい狐

千歳船橋駅の南に位置する桜丘の町。 住宅地の所々に屋敷林や畑、野菜直売所がある、のどかな雰囲気の残るエリアだ。 曲がった道だらけで、歩いていると方向感覚を失ってしまう。 その桜丘の南部、駅から遠い所に、宇山稲荷神社はある。 神社は背の高い樹に…

農大バイオリウムでレムールに会う

世田谷区の上用賀にある東京農業大学のバイオリウム。 ここは「進化生物学研究所」の展示温室だ。 「食と農の博物館」の一部でもあり、博物館とセットで誰でも無料で入館することができる(現在はコロナウイルス対策で事前予約制となっている)。 博物館のあ…

瀬田フラワーランドで花と老鴨を愛でる

世田谷区瀬田の住宅街の中に、瀬田農業公園はある。 愛称は「フラワーランド」。 園内には様々な花壇やミニ庭園があり、一年中花が咲いている。 地域の園芸活動の拠点にもなっていて、草花はボランティアの方が手入れし、園芸相談や講習会も行われている。 1…

用賀いらかみちで淡路瓦を味わう

「用賀プロムナード」は、東急田園都市線の用賀駅と砧公園を結ぶ道。 別名「いらかみち」。 ニュアンスのある瓦敷きの道が、用賀駅北口から砧公園の手前の環八通りに至るまで、約900mに渡って続いている。 1986年に砧公園内に世田谷美術館ができた時、美術館…

砧公園②(ウォーキングコース)

sgwonderland.hatenablog.com 砧公園の「ファミリーパーク」の周りには、一周1.75kmの「サイクリングコース」が巡っている。 サイクリングコースと言っても、昔子供用に造られたもので、今は自転車の公園外からの通り道にしている人がほとんどだ。 それより…

砧公園①(ファミリーパークと砧公園の歴史)

砧公園は世田谷区にある都立公園。 面積は約40万㎡。 お馴染みの表現を使えば、東京ドーム約8個分の広さだ。 園内には、アスレチックや各種グラウンドがあり、世田谷美術館もある。 しかし、公園の大部分は、樹林や芝生から成る緑豊かなフィールドだ。 特に…