鎌田耕地前緑道と地下世界

二子玉川の西北にある鎌田の町に、花に縁取られた緑道がある。

「鎌田耕地前緑道」。

鎌田3丁目の介護施設のある辺りから、静嘉堂緑地の南側にある岡本公園の前まで、約200m続く緑道だ。


道の両側には、さまざまな花が植えられている。

「緑道の管理については地域住民と世田谷区が協定を結び、清掃管理活動を行う」と表示版に説明があった。

実際、よく手入れされていて、沿道のカラフルな季節の花は、通行人の目を楽しませている。

f:id:keena1:20211019173950j:image
f:id:keena1:20211019173940j:image
f:id:keena1:20211019173942j:image
f:id:keena1:20211019173947j:image
f:id:keena1:20211019173952j:image


さて、この緑道の下は何だろう?

ゆるく蛇行した道は川の暗渠を思わせるが、川ではない。


地図には「水道みち」とある。


そう、この道の下には、水道管が通っている。


鎌田2丁目の砧下浄水所で汲み上げ・浄化された多摩川の伏流水が、「水道みち」を通って、岡本や用賀の住宅地の地下を流れ、駒沢の給水塔まで送り出されているのだ。

鎌田耕地前緑道は「水道みち」の一部である。

f:id:keena1:20211019172958j:image


水道みちは静嘉堂緑地の丘も貫いていて、丘の南面と北面には「岡本隧道(ずいどう)」と呼ばれた、トンネルの入口と出口の跡が残っている。

f:id:keena1:20211019174024j:image


かつて大正の頃には、駒沢の給水塔から更に渋谷まで水が送られ、渋谷の町を潤していた。

今、その機能は他に移り、駒沢給水塔は災害時の給水拠点となっている。

f:id:keena1:20211019174444j:plain

駒沢給水塔

 

世田谷区にはたくさんの緑道がある。

蛇崩川緑道、北沢川緑道、烏山川緑道、目黒川緑道、呑川緑道、九品仏川緑道。

これらは、暗渠化された川筋の上に造られた緑道だ。

区の南西部には、まだ川面を見ることができる多摩川の支流が多いが、北東部の川は、そのほとんどが暗渠となっている。

f:id:keena1:20211019174554j:plain

蛇崩川緑道

f:id:keena1:20211019174557j:plain

呑川緑道(この辺りは開渠で横に小川が流れている)


この地面の下には、幾多の水脈が走っているのだ。

まるで、メキシコの水中洞窟のように。

そこには、知られざる地下世界があるかもしれない。