きぬたのたぬき

以前記事に書いた「用賀プロムナード」は、用賀駅と砧公園を結ぶ道。

この道の各ポイントには、タヌキの形をした案内板がある。

f:id:keena1:20211023155713j:image
f:id:keena1:20211023155706j:image
f:id:keena1:20211023155658j:image

 

タヌキ?

クマのようにも見えるが、これはタヌキである。

案内板以外にも、それらしき形のモノが。

f:id:keena1:20211023155824j:image
f:id:keena1:20211023155830j:image

 

砧公園の売店では「きぬた焼」を売っている。

きぬた焼に焼印されているのは、これは分かりやすいタヌキの顔。

f:id:keena1:20211023155948j:image
f:id:keena1:20211023155943j:image

 

なぜに、タヌキ?

勘の良い人はもうおわかりと思うが、砧公園の「砧」を逆に読むと「たぬき」になるから、タヌキが砧地域のキャラクターになっているのだ。

 

以前、砧公園内の世田谷美術館に本物の赤ちゃん狸が迷い込んだ時、地元民は「キヌタのタヌキ!!」(回文)と言って喜んだ。

f:id:keena1:20211023161723j:plain

世田谷美術館に迷い込んだ狸
世田谷美術館のブログより)

 

世田谷区役所の砧総合支所の公式キャラクターも、タヌキである。

f:id:keena1:20211023161449j:image

ちなみに、烏山総合支所はカラス、玉川総合支所は「たませみ」、豪徳寺が管轄内にある北沢総合支所は招き猫が公式キャラクターだ。

「たませみ」は謎の生き物である。

f:id:keena1:20211023161446j:image

f:id:keena1:20211023161549j:image

f:id:keena1:20211023161439j:plain

砧公園から南へ500mほど行った所にある、静嘉堂緑地にて。

またしても、例のタヌキを発見。

f:id:keena1:20211023162106j:image

まあ、ここの住所は岡本だけど、砧総合支所の管轄内だから。

 

そう思って歩いていると、この地に伝わる「岡本の大六天森のすねこすりタヌキ」伝説の表示版があった。

昔タヌキが悪さをしていた岡本の村で、優しい娘さんが子ダヌキを助け、タヌキ一家の恩返しを受けたというお話である。

f:id:keena1:20211028150958j:image
f:id:keena1:20211028150955j:image

 

狸は今も都内各所に出没しているし、世田谷区での目撃報告も多いが、静嘉堂緑地のある岡本一帯は、特にタヌキの一族が棲んでいそうな雰囲気のある所だ。

悪さをする狸は昔から嫌われ者でもあるが、うまく共生して、岡本の伝説のように仲良くなれればよいのになと思う。