生田緑地 枡形山展望台の十二支像と夜景

枡形山は、神奈川県川崎市の生田緑地の中にある。

当ブログのテーマである世田谷のスポットではないが、とても印象に残る場所だったので、書き留めておく。

 

生田緑地は、川崎市多摩区から宮前区にかけて広がる、自然豊かな総合公園。

約180万㎡の広大な敷地に、自然探索路、プラネタリウムのある科学館、日本民家園、岡本太郎美術館、ホタルの里などが点在しており、その北寄りの一角に枡形山がある。

 

f:id:keena1:20211104135058j:plain

 

 

枡形山は、四方を崖に囲まれ、山頂がテーブル状になっていて、その名の通り枡の形をしている。

f:id:keena1:20211104135025j:plain

 

頂上の海抜はわずか84m。

登山道には階段も整備されているし、小さな子供でも登れる低山だ。

ただ、少し急な箇所もあるため、お年寄りなどにはキツいかもしれない。

f:id:keena1:20211104135032j:plain

生田緑地の東口から近い登山道

f:id:keena1:20211104135045j:plain

登山道で見られる地層

 

山頂に着いて「枡形門」をくぐると、そこは広場になっている。

ささやかな遊具、トイレ、自販機があり、子供が遊んでいた。

桜の樹が植えられておいて、春はお花見スポットとなる。

f:id:keena1:20211104135004j:plain

f:id:keena1:20211104135027j:plain

f:id:keena1:20211104135009j:plain

山頂広場(冬)


鎌倉時代から戦国時代初めにかけて、枡形山には枡形城があった。

四方を崖に囲まれた地は天然の要塞となり、北を流れる多摩川を堀と見立てた山城は、鎌倉防衛の北の前線となった。

鎌倉時代の初めに、源頼朝重臣として活躍した稲毛三郎重成が、ここを居城とする。

稲毛氏が滅びた跡も、枡形城は戦場の拠点として使われ、北条早雲今川氏親など、戦国時代の幕開けに関わる武将たちに利用された。

残念ながら、今はもう城の遺構は残っておらず、尾根筋に堀切の跡が確認されているだけである。

f:id:keena1:20211104135042j:plain

 

広場の奥に、楼閣風の建物立っている。

これが枡形山展望台だ。

1階部分が、なぜか能の舞台になっている。

f:id:keena1:20211104135022j:plain

 

エレベータか階段で最上階へ上がると、ぐるっと360°建物を囲むバルコニーがあり、そこが展望台になっている。

 

北には、多摩の街。

北東には、都心のビル群。

南東に広がる生田緑地の森。その遥か向こうに横浜のビル群が見える。

南西には、丹沢と富士山。

西には、よみうりランドの向こうに奥多摩の山々。

視界が良ければ、北に北関東の山々、南東に房総半島も見えるそうだ。

f:id:keena1:20211104140401j:plain

北東の都心のビル群

f:id:keena1:20211104140404j:plain

南西の丹沢と富士山

f:id:keena1:20211104140612j:plain

西の奥多摩の山々

 

バルコニーの手すりの支柱に、方角を示す十二支の動物像がついていた。

展望台にぴったりのオブジェではないか。

f:id:keena1:20211104135100j:plain
f:id:keena1:20211104135030j:plain
f:id:keena1:20211104135011j:plain
f:id:keena1:20211104135047j:plain
f:id:keena1:20211104135053j:plain
f:id:keena1:20211104135050j:plain
f:id:keena1:20211104135040j:plain
f:id:keena1:20211104135035j:plain
f:id:keena1:20211104135020j:plain
f:id:keena1:20211104135002j:plain
f:id:keena1:20211104135055j:plain
f:id:keena1:20211104135007j:plain

f:id:keena1:20211104135037j:plain



関東平野の眺望と十二支像を堪能していたら、いつの間にか日が傾き、夕刻に。

 

東方の川崎から都心にかけての市街地に、ぽつりぽつりと灯りが灯り始めた。

灯りはだんだん増えていき、寂しかった夕暮れの街が、徐々に華やかになっていく。

遠くには、冬カラーの暖色系の東京タワーが大気に揺れて煌めき、宝石のようだ。

 

西方には、東の市街地が華やかさを増していくのとは対照的に、闇に沈んでいく生田緑地の森があった。

闇は刻一刻と深くなっていく。

夜になれば、この森の中をタヌキが走り回るのだろうか。

f:id:keena1:20211104140648j:plain

生田緑地の森(日中)
中央奥に見えているのは武蔵小杉のビル群

 

夕暮れの空が紫のグラデーションに染まる。

そこに浮かび上がる、十二支の動物たちのシルエット。

東の空には、大きな月も登ってきた。

f:id:keena1:20211104140834j:plain

実際はもっと綺麗です

 

時は11月下旬。

冷える時期だったにもかかわらず、展望台にはけっこう人が来ていた。

みんな、夜景を狙って来たわけではなく、夕方まで居たらたまたまマジックアワーが始まって、そのまま見入ってしまったという感じだ。

なぜこんなマイナーな所に来たのか分からない若いカップルもいて、夜景に感動していた。

 

枡形山展望台から望む、この黄昏時の夜景は、実は晩秋〜冬の時期にしか見ることができない。

枡形山展望台は、一年を通じて17時に閉館してしまう。

春〜初秋の17時頃は、まだ明るくて、夜景を見ることができないのだ。

17時より前に日が沈み、それからしばらく夜景を楽しむとすると、夜景の見頃は11月〜1月となる。

 

ただし、この時期、枡形山山頂に夕方までいる場合は注意が必要だ。

登山道には灯りが無く、帰り道は真っ暗。

スマホのライトで道を照らしながら下山するはめになった。

何か灯りになるものを持って、怖がりの人は誰かと一緒に来た方がよいでしょう。

f:id:keena1:20211104135017j:plain

晩秋の生田緑地は紅葉も美しい

 

春はうららかなお花見の場となる枡形山。

その春をまだ先に待つ晩秋の夕方に、この時期にしか見られない薄明の夜景を楽しむのもよいものです。